現在は数多くの人気ドラマに出演し、その優しそうな甘いルックスに虜になる女性ファンが多く、すでに韓国俳優としての地位を確立しているウィハジュン。

2015年にデビューしたウィハジュンですが、彼がどのような人生を歩んできたのか?そして出演しているドラマはは何か?など、詳しく掘り下げていきたいと思います。

熱愛情報から彼の性格まで紹介していきますので、是非最後までご覧ください。

ウィハジュンはどんな人?プロフィール紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@wi____jpfan)がシェアした投稿

  • ウィ・ハジュン 위하준 魏化儁
  • 本名:ウィ・ヒョニ 위현이
  • 生年月日:1991年8月5日
  • 身長180㎝
  • 体重68㎏
  • B型
  • 聖潔大学演劇映画学部
  • 兄弟:姉・兄

ウィハジュンの芸能界入りのきっかけはダンス部

ウィハジュンが生まれたのは、所安島(ソアン島)という小さな島。

子供の頃から有名人やアイドルに興味を持っており、どちらかというと人の注目を集めたい子供だったそう。

中学時代に入ったダンス部が、芸能界に対する夢を育てるきっかけになりました。

しかし、ウィハジュンの思いとは裏腹に、両親は堅い職業を志してほしかったようで、芸能界に対する夢は反対され、結果的に演劇・芸術関係の学校に進学することはできませんでした。

高校3年生の時にオーディションを受ける

両親に反対され、仕方なく一般の高校に通う日々が続く中、両親に長文の手紙を書いて説得し、高校3年生の時にソウルに上京。

そこで芸能界のオーディションを受けることになります。

カメラテストまで受けることができましたが、結果は落選。

その後、本格的に演技を学ぶために演劇映画科への入学を志すことになります。

ウィハジュンのデビューは2015年

島出身者あるあるですが、地方から上京すると、そこで使われている言葉が鈍っていることに気づき、上京してから最初に『話し方』を矯正します。

ウィハジュンの生まれた所安島(ソアン島)も訛りがひどかったようで、ソウルに上京してから周りの学生の話し方を録音して学び、徐々に訛りを標準語に戻していきました。

そして地道な努力を続けた結果、2015年に公開された映画『チャイナタウン』で俳優としてのデビューを果たします。

ウィハジュンの主な出演ドラマ・映画

【出演ドラマ】

  • 2016:グッバイ、ミスターブラック
  • 2017:黄金の私の人生
  • 2018:よくおごってくれる綺麗なお姉さん
  • 2018:あの日のコーヒー
  • 2018:最高の離婚
  • 2019:ロマンスは別冊付録
  • 2020:霊魂修繕工
  • 2020:ボ-ン・アゲイン
  • 2021:イカゲーム
  • 2021:Bad and Crazy

【出演映画】

  • 2015:チャイナタウン
  • 2015:悪いやつは必ず死ぬ
  • 2016:カッター
  • 2017:金子文子と朴烈
  • 2017:必ず捕まえる
  • 2018:コンジアム
  • 2019:ガール・コップス
  • 2021:シャーク:ザ・ビギニング
  • 2021:殺人鬼から逃げる夜

ウィハジュンは学生時代に兵役を終えている

ウィハジュンは21歳の時に空軍に入隊し、無事に兵役を終えています。

演技活動を本格化させる前に兵役を終わらせているため、この先兵役のために時間を割いて俳優としての活動を中断する心配はありません。

ウィハジュンは彼女がいて結婚してる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@wi____jpfan)がシェアした投稿

人気のイケメン俳優には必ず『熱愛』の噂が付き物。

しかし、2022年現時点ではウィハジュンに熱愛彼女の噂は公表されていません。

ちなみに、ウィハジュンは過去一度も大きく熱愛をスクープされたこともないので、彼女がいるのか?恋愛はしているのか?すらも分からない状態。

好きなタイプに関しては、過去のインタビューで

『ギャップのある人』

と答えており、この先さらに人気が高まれば、より世間の関心が集まって熱愛の噂も出てくるかもしれませんね。

ファンからしたら少々複雑ではありますが、誰と付き合うのか?結婚するのか?は今後も注目しておきましょう。

まとめ

小さな島から上京した一人の青年が、今や超人気トップ俳優まで駆け上るストーリーを聞くと、さらにウィハジュンを応援したくなりますよね?

すでにイカゲームという全世界で人気の作品に出演しているウィハジュンですが、この先どんな人気作で演技を見せてくれるのかにも注目しておきたいところ。

若くして伸び代のある俳優さんなので、今後の映画・ドラマの出演を楽しみにしておきましょう。

スポンサーリンク